キヤノンの3製品が「EISAアワード」を受賞


キヤノンのデジタル一眼レフカメラ、EFレンズ、デジタルビデオカメラの合計3製品が「EISAアワード 2011-2012」を受賞しました。

以下ニュースサイトから

●ヨーロピアン・カメラ・オブ・ザ・イヤー 2011-2012
(European Camera of The Year 2011-2012)
受賞製品 デジタル一眼レフカメラ”EOS 600D”(国内名称:EOS Kiss X5)
受賞理由 いくつもの際立った特長や機能を持った高付加価値な製品であること。
優れた解像度で、高感度設定においても低ノイズの画像を得ることができ、アマチュアユーザーにとって待望のカメラであること。
さらに、フルHD動画撮影機能、持ちやすいグリップ、外部ステレオマイク端子、ワイヤレス多灯撮影を可能にする内蔵スピードライトトランスミッター、広いダイナミックレンジ、バリアングル・クリアビュー液晶モニターに加え、エントリーユーザーにとっても手軽に本格的な撮影を可能にする最適な機能を、数多く搭載していること。
●ヨーロピアン・プロフェッショナル・レンズ・オブ・ザ・イヤー 2011-2012
(European Professional Lens of The Year 2011-2012)
受賞製品 EFレンズ”EF70-300mm F4-5.6L IS USM”(国内名称同じ)
受賞理由 卓越した高画質と高度な耐久性、そしてコンパクトなデザインを兼ね備えた望遠ズームレンズであること。
さらに、プロフォトグラファーのニーズに応えるAF性能や、最先端の手ブレ補正機構を搭載しながら、手頃な価格であることにより、人気の高いズーム域の望遠レンズにおける模範的なモデルであること。
また、すべてのズーム域において、各焦点距離の単焦点レンズに匹敵する優れた光学性能を持ち、絞り開放時でも高いパフォーマンスを発揮すること。加えて、過酷な条件での撮影も可能にする防塵・防滴性能を備えていること。
●ヨーロピアン・カムコーダー・オブ・ザ・イヤー 2011-2012
(European Camcorder of The Year 2011-2012)
受賞製品 デジタルビデオカメラ”LEGRIA HF M41″(国内名称:iVIS HF M41)
受賞理由 携帯性に優れたコンパクトなボディでありながら実用性に優れ、あらゆる撮影条件においても高画質な撮影を可能にするハイエンドモデルであること。
特に、液晶モニターに加えてビューファインダーを備えている点や、オート・マニュアルそれぞれにおいて簡単に操作が行える多彩な撮影機能を搭載していること、さらに、内蔵マイクの指向性や周波数特性を切り替えるマニュアル機能や、オプションのステレオマイクロホンによる本格的な録音を可能にしていること。
また、外部測距センサーによる高速なAFや、32GBの内蔵フラッシュメモリーを補う2つのメモリーカードスロットの搭載、加えて、暗いところでもノイズの少ない高画質な撮影が可能であること。







[ キャノンニュースリリース ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です