「Windows 8」に仮想化「Hyper-V」を搭載


Hyper-VはWindows Serverなどに搭載されていたが、Windows 8に搭載されるもようです。

搭載されると32bit、64bitのx86系OSをWindows 8の中の複数のバーチャルマシン上で動作させることができる。

Hyper-Vを利用するためには、対応のプロセッサーと4GBのRAMメモリが必要となる。

バチャルマーンには「VM Console」と「Remote Desktop Connection」が用意される。またRemote Desktop Connectionでは、マルチモニター環境で、複数のバーチャルマシンを別のモニターに表示させることができる。

[ http://blogs.msdn.com/b/b8/archive/2011/09/07/bringing-hyper-v-to-windows-8.aspx ]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です