NTTドコモ、LTE対応のAndroidタブレット


NTTドコモは9日、LTE方式のデータ通信サービス「Xi(クロッシィ)」に対のタブレット端末「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」「ARROWS Tab LTE F-01D」を発表した。発売は10月を予定している。

「Xi」は下り最大37.5Mbps、上り最大12.5Mbpsの高速データ通信。

「Xi」のエリア外ではFOMAで通信が利用できる。

サムスン製の「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」は、約10.1インチのTFT液晶と1.5GHzデュアルコアCPUを搭載。OSにAndroid 3.2を採用。テザリング対応。

富士通製の「ARROWS Tab LTE F-01D」は、約10.1インチTFT液晶と1GHzデュアルコアCPUを搭載。

OSにAndroid 3.2を採。防水性能、ハンドジェスチャーコントロール機能を搭載。DLNAサーバー機器と連携し録画した番組の再生「TSUTAYA TV」「ひかりTV」等の動画配信サービスにも対応。テザリングにも対応。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です