5D3から Cinema DNG RAW撮影、 MagicLantern


今月末 CanonからリリースされるHDMI端子から非圧縮 4:2:2 8bit信号をファームウェア流失したばかりですが、5DMarkIII、5D MarkIIでRAWビデオを記録することに成功ようです!

まだ完成形ではないとのことですが、早く試したい方はファームウェアを入手することもできます。

興味のある方は、このファームウェの書き換えはカメラを破損させることもありますので自己責任で行ってください。

ファームウェアこちらの方で入手することができます。

http://www.magiclantern.fm/forum/index.php?topic=5413.0


※改造にはファームウェアは、1.1.3である必要があります。

※撮影には最高速のCFカードが必要になります。

※10から14fpsを28フレームほど記録したところで撮影は止まるようです。

紹介映像

H.264-vs.-RAW-1024x576

撮影されたデータはスチル写真がそのまま動いているようです。EOS標準のH.264と比べてもディテールが全く違います。

01140001

画像サイズは 2088x1200ですが、周囲に黒い部分やピンクの縞々が表示されてしまいます。この部分を切り取ると結局フルHDになるようです。

14bit 4:2:2の Cinema DNG RAWを入手したいという方は、こちらで入手できます。

http://neumannfilms.net/2013/04/27/14bit-raw-video-on-canon-dslrs-with-magic-lantern/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です