動画コーデック「VP9」完成間近


WebM Projectによると

グーグルは、コーデック技術「VP9」を6月17日に完成させる予定だ。

WebMはロイヤリティフリーのWebビデオフォーマットであり、グーグルがプロジェクトを推進している。しかし、動画コーデックは「H.264」があって王的シェアを占め、「VP8」のシェアはごくわずかだ。

「VP9」のコーデックそのものはすでに「Chrome 25」からすでに対応しているが、今後、YouTubeも「VP9」をサポートする予定だ。

「VP9」は「VP8」よりもビデオ圧縮効率が高く「VP8」と同じ品質で容量が半分になることを目指していた。

現在、多く利用されているH.264を利用するには、特許使用料の支払いが必要であるが、「H.265」も特許使用料が必要となる。「H.265」は「H.264」と同じ品質で容量が半分になる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です