キヤノンがEFレンズ累計生産本数9,000万本を達成


p2013may29a

キヤノンは、EFレンズ累計生産本数9,000万本を達成したことを発表した。

EFレンズは、銀塩方式のAF一眼レフカメラEOSシリーズ用の交換レンズとして、1987年に宇都宮工場で生産を開始して以来、生産本数を伸ばしてきた。

9,000万本目に生産したレンズは、「EF24-70mm F2.8L II USM」だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です