NHK、小型スーパーハイビジョン8K Cube型カメラヘッドを開発


giju-355

NHKは、アストロデザイン共同開発で、小型8Kカメラ「AH-4800」を開発した。

このカメラは、3300万画素のイメージセンサーを搭載しており、イメージセンサーが対角の長さが25mmと小さいく本体サイズを小さくする事に成功した。

イメージセンサー自体は、毎秒120フレーム撮影する事が出来るが、信号処理の部分がまだ対応していないため60Hzで動作する。

http://www.nhk.or.jp/pr/marukaji/pdf_ver/355.pdf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です