ルーブル美術館 「モナリザ」の照明に東芝製LED照明


フランス・パリのルーブル美術館の名画「モナリザ」を照らす照明に東芝製LEDが採用され6月4日(現地時間)に点灯セレモニーが開催された。

東芝は、2010年からルーヴル美術館館内照明のLED化を進めてきた。

「公邸ナポレオン1世と皇后ジョゼフィーヌの戴冠」などが展示されてる「赤の間」にも東芝製LED照明が設置された。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です