スカパーJSAT、通信衛星 JCSAT-14調達契約締結


スカパーJSAT 株式会社は、通信衛星 JCSAT-14 の調達契約を Space Systems/Loral(本社:アメリカ合衆国、
President:John Celli)と締結した。

JCSAT-14は、東経 154度の静止軌道において運用中の JCSAT-2A衛星の後継機で、Kuバンド及 び Cバンドのトランスポンダ(衛星中継器)を搭載する。

Kuバンドについては、JCSAT-2A に 搭載されている日本ビームに加え、新たにアジア・太平洋地域をカバーする国際ビームを搭載する。

Cバンドについては、26本の高出力トランスポンダで国際回線の収容能力を大幅に増強し、 JCSAT-2Aではアジア、オーストラリア及びニュージーランドが中心だったサービスエリアをロシ アの可視範囲全域及び太平洋島嶼国にまで拡大する。

JCSAT-14の打ち上げ時期は、2015年下期。衛星寿命は、15年以上。

http://www.sptvjsat.com/wp-content/uploads/216726acd72de3049cd46f766a440d38.pdf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です