アドビ、Flash C++ コンパイラをオープンソース化


Adobe Systemsは、「Flash C++ Compiler (FlasCC)」をオープンソース化することを発表した。

「CrossBridge」は「GNU Compiler Collection」を基に開発され、C/C++のソースコードをAdobe Flash Runtime(Flash Player、Adobe AIR)向けにコンパイルできる。

現在開発中の「CrossBridge 1.1」では、「Low Level Virtual Machine」と「Clang」を利用し高度なC++の文法に対応する。

「CrossBridge」は「GitHub」で提供される。

http://blogs.adobe.com/digitalmedia/2013/06/open-source-flash-c-compiler-crossbridge/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です