オペラ、WebKitベースのレンダリングエンジン「Opera 15」


Opera Software ASAは、レンダリングエンジンを「WebKit」ベースの新しいエンジンへ変更したWebブラウザー「Opera」の最新版v15.00を公開した。

「Opera」のレンダリングエンジンを独自で開発した「Presto」から、「Webkit」に切り替えられた。

今後ソースコードをグーグル開発の「Blink」エンジンベースへ移行させていくという。

http://youtu.be/TQVrI7AWqSo

http://my.opera.com/desktopteam/blog/2013/07/02/opera-15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です