キャノン、デジタル一眼レフカメラ「EOS 70D」を発売


70d

 

キヤノンは、デジタル一眼レフカメラ「EOS 70D」を2013年8月29日に発売発売することを発表した。

APS-Cサイズ・約2,020万画素の新開発CMOSセンサーと、高速な画像処理を可能にする映像エンジンDIGIC 5+の搭載により、高画質と最高約7コマ/秒の高速連写を両立。さらに、最高ISO12800(拡張ISO25600)の常用ISO感度での撮影が可能。

ファインダー撮影時には、19点の全測距点がクロスセンサーとなるAFセンサーを採用。新AF技術「デュアルピクセルCMOS AF」をEOSシリーズで初めて採用しライブビュー撮影と動画撮影時のAF性能が向上した。さらに動画撮影時の動画サーボAFの追従性も向上した。

Wi-Fi対応のスマートフォンから、静止画の撮影や、カメラ内のメモリーカードに記録された静止画(JPEG画像)の取り込みなど、遠隔操作が行える。

http://cweb.canon.jp/newsrelease/2013-07/pr-70d.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です