凸版印刷、電子出版用の書体を開発


201371194433

凸版印刷株式会社は、凸版印刷のオリジナル書体である「凸版明朝体」および「凸版ゴシック体」をもとに、電子出版コンテンツを読みやすくする新書体の開発に着手し、本文用の明朝体を、2013年秋から提供を開始しすると発表した。

オリジナル書体の開発を推進し、2016年春までに本文用の新しいゴシック体や見出し用の文字など、計5書体の提供開始を目指すという。

従来の印刷用書体は、印刷工程による文字の太り(つぶれ)などを想定して、細身に設計されていたが、電子端末での表示では、このような文字の太りがないことを考慮して文字の線の太さをデザインし直しがされるという。

http://www.toppan.co.jp/news/2013/07/newsrelease130701_1.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です