ソニー、業界初レーザー光源の業務用液晶プロジェクターを発売


img01

ソニーは、液晶プロジェクターとして業界で初のレーザー光源を使用した、業務用液晶プロジェクター「VPL-FHZ55」を2013年8月に発売する。

市場推定価格は、約900,000円 (税抜き)。

レーザー光源を使用しているため、点灯までのウォーミングアップや使用後のクーリングが不要。 また、レーザーは突然光源切れするようなリスクが少なく、システムとしての高い信頼性を実現できる。

img02

青色のレーザーと蛍光体を組み合わせた独自の「光源システム」を搭載し、青色のレーザーから白色光を生成し、3原色(RGB)の光に分解し、3枚のLCDにそれぞれ透過することで映像を投写する。

http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201307/13-082/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です