富士フイルム、フィリピン 「光学レンズ」新工場本格稼働


富士フイルム株式会社は、デジタルカメラやプロジェクター、監視カメラに用いる高性能レンズの新たな中核生産拠点となるFUJIFILM Optics Philippines Inc.(富士フイルムオプティクスフィリピン)を本日、本格稼働させると発表した。
今回の新工場は、光学レンズの研磨やコーティングなどの加工から組立までを一貫して行われる。

新工場には、ガラスレンズの表面をナノオーダーで高精度に研磨する「レンズ研磨機」や、反射防止用多層薄膜を形成する「真空蒸着機」などの生産設備を導入されている。

新工場所在地は、マニラ南部ラグナ州 の敷地面積 5.3ヘクタール。総投資23億円。

http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_0791.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です