UQ、10月末に110Mbpsの「WiMAX 2+」2017年には1Gbpsを超える


UQコミュニケーションズ株式会社は、「特定基地局開設計画」の申請が認定されたことを発表した。

今回の開設計画の認定により、当社は新規割当てを受けた20MHzと現在使用中の30MHzを合わせた連続50MHzの周波数を用いた超高速モバイルブロードバンドサービス「WiMAX 2+」の提供が可能となる。

2013年10月末に110Mbpsでサービスを開始し、キャリアアグリゲーション、256QAM変調方式、8×8MIMOなどの高度化技術を導入することにより2017年には下り1Gbpsを超える超高速モバイルブロードバンドサービスの提供を目指目指すという。

http://www.uqwimax.jp/annai/news_release/201307291.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です