Motorola、Googleと開発の「Moto X」を発表


Motorola Mobilityは、Googleと開発したandroid端末「Moto X」を発表した。

カスタムオーダーサービスを通じて自分好みにデザインできる端末となっている。

4.7インチ画面と、10メガピクセルカメラを搭載する。初期バージョンには16Gバイトのメモリが搭載される。Googleが「Moto X」所有者を対象に「Google Drive」の最大50GBのストレージが2年間無料で提供されるという。

Moto Xの16Gバイト版は通信事業者との2年契約付きで199ドル。

CPU: Motorola X8 Mobile Computing System Dual-core 1.7GHz

GPU: Adreno 320 (400MHz Quad-core)

RAM: 2GB

ROM: 16GB または 32GB

サイズ: 129.3×65.3×10.4mm (最薄部 5.6mm)

重量: 130g

ディスプレイ: 4.7インチ AMOLED ディスプレイ マルチタッチ 静電容量式

解像度: 1280×720 HD (316ppi)

カメラ: 10MP(背面 CMOS “Clear Pixel”) LED フラッシュ有り 2MP(前面 CMOS)

パケット通信: LTE, HSPA+, EDGE, GPRS

ネットワーク: LTE(700/1700/1900MHz) W-CDMA(850/900/1700/1900/2100MHz) GSM(850/900/1800/1900MHz)

SIM サイズ: nanoSIM

通信: WiFi 802.11 a/ac/b/g/n Bluetooth 4.0 LT + EDR

センサー: A-GPS, Gセンサー, デジタルコンパス, 近接センサー, 光センサー, NFC

外部端子: microUSB, 3.5mmオーディオジャック

バッテリー: Li-Ion 2200mAh (取り外し不可 約13時間通話)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です