ブラックマジック、「HyperDeck」「ATEM Switcher」「DaVinci Resolve」「Desktop Video」を更新


ブラックマジックは、「HyperDeck」「ATEM Switcher」「DaVinci Resolve」「Desktop Video」の最新版を公開した。

ソフトウェアのアップデートは、ブラックマジックのWebサイトからダウンロードすることができる。

ATEM Switcher Software 4.1.1

ATEMスイッチャーのソフトウェアがアップデートされ、多くの新機能が追加されました。 その中には新しい”Save”と”Restore”機能が含まれ、スイッチャーのステータスをXMLファイル形式で保存し、メディアプールのイメージを含め再現する。ユーザーはそのXMLファイルをロードすることで、スイッチャーの設定および使用していたメディアを含め、 すべてをオンラインで元に戻すことができる。

さらに、単一のキーヤー情報やSuperSourceといった、スイッチャーの一部分を保存し、それをMacroのようにご個別にロードさせることも可能。

また、SD, HD、Ultra HD解像度で動作可能で、HDMIおよび6G-SDIに対応する。新しいATEM Production Studio 4Kモデルも更新した。 このアップデートには、23.98, 24, 25, 29.97, 50, 59.94fpsを含む、1080pプログレッシブ・ビデオフォーマットの対応が含まれます。これにより、ユーザーは様々な種類のデバイスを接続できるのです。 さらに、このアップデートではATEM Production Studio 4K 上の幾つかの不具合も修正され、XboxコンピューターやGoProカメラといったRGB HDMIソースも、スイッチャーに接続できるようになった。

DaVinci Resolve 9.1.5

このアップデートには、Avid Media Composer 7.0との連携の強化、Final Cut Pro XのXMLのリールネームのサポート、Avid EuControlソフトウェアパッケージ Version 3.0のサポート、マルチトラックのQuicktimeオーディオファイルやCinema DNGファイルフォーマットの改善等が含まれる。

Desktop Video 9.7.7

この新しいアップデートには4K DCIモードのサポートが追加され、またUltraStudio 4KとDeckLink 4K ExtremeのHDMIの互換性が改善されました。 また、UltraStudio Mini RecorderおよびDeckLink Mini RecorderがAvid Media Composerで利用できるようになった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です