グーグル、アンドロイドカー開発でアウディ、ホンダなどと提携


グーグルは、アウディ、GM、ホンダ、ヒュンダイ、コンピュータチップメーカー NVIDIAがAndoroidが搭載された自動車の開発をするめる団体「Open Automotive Alliance」を設立した。

参加企業は、「コネクティッド・カー」のビジョンを共有して最高のAndroidを自動車にもたらすという。

また、アップルも開発を進めているため次回はGoogle対Appleの自動車対決が行わられるのではないかといわれています。

 

http://officialandroid.blogspot.co.uk/2014/01/new-partnership-to-bring-android-to.html

http://www.openautoalliance.net/#about

Google、「Android デバイス マネージャー」を公開。紛失時に位置探査や探索やリモートワイプ。


Googleは、「Android デバイス マネージャー」を公開した。

設定を行うことで着信音をリモートで鳴らしたり、地図上に端末の位置を表示したり探索やリモートで端末のロックまたは出荷時設定へのリセットリモートワイプができるようになる。

端末の電源やインターネットの接続がないとこの操作はできないが、音声がオフになっていても着信音は最大音量で5分間鳴らすことができる。また、端末の電源ボタンを押す止まる。

利用するには、端末で設定をすることが必要に

なる。

Android デバイス マネージャー

https://www.google.com/android/devicemanager?u=0

appppp

 

設定方法は、アプリメニューから「Google設定」を開く。

Screenshot_2013-08-08-20-56-38

 

この「Android Device Manager」をタップする。

aapp3p2

「リモートでこの端末を探す」「リモートでの出荷時設定リセットを許可する」をチェック。

有効にするをタップすると利用することができる。

Android デバイス マネージャー

https://www.google.com/android/devicemanager?u=0

ヘルプページ

https://support.google.com/accounts/answer/3265955?p=android_device_manager&rd=1&hl=ja

グーグル、アンドロイド端末紛失時の位置探索、探索リモートワイプ


Googleは、アンドロイド端末向けに携帯を紛失した際に端末の位置の探索や着信をンを大音量で鳴らしたり、リモートワイプで端末内のデータを削除することができるサービスを8月中に提供すると発表した。

このサービスは、Android 2.2以上を実行している端末で今月後半に利用できるようになるという。

http://officialandroid.blogspot.jp/2013/08/find-your-lost-phone-with-android.html

Motorola、Googleと開発の「Moto X」を発表


Motorola Mobilityは、Googleと開発したandroid端末「Moto X」を発表した。

カスタムオーダーサービスを通じて自分好みにデザインできる端末となっている。

4.7インチ画面と、10メガピクセルカメラを搭載する。初期バージョンには16Gバイトのメモリが搭載される。Googleが「Moto X」所有者を対象に「Google Drive」の最大50GBのストレージが2年間無料で提供されるという。

Moto Xの16Gバイト版は通信事業者との2年契約付きで199ドル。

CPU: Motorola X8 Mobile Computing System Dual-core 1.7GHz

GPU: Adreno 320 (400MHz Quad-core)

RAM: 2GB

ROM: 16GB または 32GB

サイズ: 129.3×65.3×10.4mm (最薄部 5.6mm)

重量: 130g

ディスプレイ: 4.7インチ AMOLED ディスプレイ マルチタッチ 静電容量式

解像度: 1280×720 HD (316ppi)

カメラ: 10MP(背面 CMOS “Clear Pixel”) LED フラッシュ有り 2MP(前面 CMOS)

パケット通信: LTE, HSPA+, EDGE, GPRS

ネットワーク: LTE(700/1700/1900MHz) W-CDMA(850/900/1700/1900/2100MHz) GSM(850/900/1800/1900MHz)

SIM サイズ: nanoSIM

通信: WiFi 802.11 a/ac/b/g/n Bluetooth 4.0 LT + EDR

センサー: A-GPS, Gセンサー, デジタルコンパス, 近接センサー, 光センサー, NFC

外部端子: microUSB, 3.5mmオーディオジャック

バッテリー: Li-Ion 2200mAh (取り外し不可 約13時間通話)

グーグル災害情報に気象警報・注意報追加


Google「Google 災害情報」に台風や土砂崩れなどの気象警報・注意報などを追加したと発表した。

台風や大雨、竜巻など各種気象情報について警報や注意報が発令された場合、その情報を、Google 検索、Google マップ、Google Now、さらに Google 災害情報のサイトに表示されるという。

8月30日からは気象庁が開始する「特別警報」にも対応する予定。

http://googlejapan.blogspot.jp/2013/08/google.html

http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/tokubetsu-keiho/

「Google Chrome 28」新レンダリングエンジン「Blink」搭載版をリリース


グーグルは、「Google Chrome 28」をリリースした。

Chromeはレンダリングエンジンとして「WebKit」が利用されていたが、Chrome最新バージョンでは新レンダリングエンジン「Blink」が採用されている。

center_chromeos

新機能としてウェブサイトなどからの通知がデスクトップに表示されるようになる。

 http://googlechromereleases.blogspot.jp/2013/07/stable-channel-update.html

グーグル、「Google Reader」のサービスを終了


スクリーンショット 2013-07-03 5.08.46

グーグルは、「Google Reader」のサービスを終了した。

「Google Reader」は米Googleが提供するRSSリーダーある。

2005年10月7日にGoogle Labs を通してベーター版をリリースし2013年7月1日(現地時間。日本時間2日) にサービスを終了した。

現在アクセスすると「Thank you for stopping by」と書かれたページが表示される。

Google Readerのデータは「Google Takeout」で7月15日までダウンロード可能。

その後は削除される。

http://www.google.com/reader/about/

グーグル、廃墟の「軍艦島」ストリートビューを公開


Google日本法人は、「軍艦島」長崎県長崎市高島町端島のストリートビューを6月28日に公開した。

立入禁止のエリアも含め島全体を撮影撮影されている。

https://www.google.com/maps/preview#!data=!1m8!1m3!1d3!2d129.738613!3d32.628992!2m2!1f80.06!2f112.95!4f75!2m4!1e1!2m2!1sW9OeMqdw-o94Il7EoQWSFw!2e0&fid=5